中学生が勉強でつまずきやすいポイント

中学校に進学した途端成績が下がってしまう子供もいらっしゃいます。どのような部分でつまずいてしまうのでしょうか?

こちらでは、岡山市の学習塾である灘塾が、中学生が勉強でつまずきやすいポイントについて解説いたします。

中学生が勉強でつまずきやすいポイント

中学生がつまずきやすいのは、「数学」と「英語」です。数学、英語は、積み上げ型の科目であり、小学生の頃に苦手だった子供は授業についていけなくなります。
数学と英語で、特につまずきやすいポイントは以下の通りです。

数学でつまずきやすいポイント

数学問題集イメージ
マイナスの概念

中学生になると、数学では0未満の数字を扱うようになります。マイナスの概念は、プラスの数字ばかりを使って計算する時とは感覚が異なるものですので、学習したばかりの頃はつまずきやすいです。

ルート

ルートは、算数や数学が苦手な子どもにとって理解しにくい箇所の1つです。「4-3」は誰でもできますが、「4√2-3√2」といった問題が出された場合、ルートを使った計算を理解していないと解けません。

証明問題

小学生の頃は、答えさえ合っていればテストで点数を取ることができました。しかし、中学生になって登場する証明問題は、答えだけでなく、なぜそのような答えになるのかを証明する必要があります。
証明問題は、文章を書かないといけないため、文章問題が苦手な子どもにとってはつまずきやすい箇所です。

英語でつまずきやすいポイント

英語学習イメージ
英単語の読み書き

英語で点数を獲得するためには、英単語の読み書きができないといけません。
英単語は、アルファベット、ローマ字、フォニックスの順で習得できれば、あまり苦労せずに読み書きができます。しかし、小学生の頃にローマ字を習得できなかった子供は、思うように英単語が覚えられずにつまずいてしまいます。

一般動詞

中学1年生になってしばらくすると、一般動詞が登場するようになります。一般動詞は、中学生が習う英語の1番最初に訪れる難所と言えます。この動詞が理解できないと、一般動詞の疑問文にbe動詞を使用するといったミスをしてしまいます。

語順

日本語と英語は、全く異なる言語です。特に語順は、日本人が英語学習をする上で違和感を覚えるポイントと言えます。
日本語はS(主語)+O(目的語)+V(動詞)の語順になるのが基本です。しかし、英語はSVOの語順が主流であり、その違いに苦手意識があるとなかなか英語が上達しません。

岡山市の学習塾で苦手を克服

岡山市の学習塾に、中学生の子どもを通わせたいとお考えでしたら、灘塾をご利用ください。灘塾は、岡山市で小学校4年生~中学校3年生を対象に授業を行っている学習塾です。

中学生になると、小学生の頃よりも授業の内容が難しくなります。遅れが生じないようにするためには、毎日の学習が重要です。 「勉強熱心な子どもを手助けしていきたい」という気持ちを抱きつつ、これまで岡山市の小学生・中学生に指導を続けてまいりました。その甲斐もあってか、毎年朝日、青陵、芳泉、倉敷南、天城などの志望校に多くの生徒が合格しています。「学習塾に通って良かった」と生徒と保護者の皆様が感じていただけるように、全力でサポートいたします。ご不明な点がありましたら、お気軽にご質問ください。

岡山市の学習塾で学ぶなら!小学生・中学生を対象に指導

塾名灘塾
住所〒709-1216 岡山県岡山市南区 宗津211-3
TEL086-362-2922
090-3881-8199
指導内容

・5教科の予習授業

・定期考査前・夏期講習・冬期講習での完全復習授業

アクセス

・迫川駅から徒歩10分(730m)

・備前片岡駅から徒歩15分(1.2km)

URLhttps://nadajuku.net/

PAGE TOP